« 2006年1月 | トップページ | 2006年6月 »

かよこの活動日誌(5月1日から5月14日)

5月13日(土)~14日(日) 大田後援会主催の「戸倉上山田温泉」への一泊旅行に参加。みずみずしい緑、たくさんの花々が咲き誇り、薫る風につつまれての旅は最高でした。松代大本営の壕の見学では、過去の戦争の実像をなまなましく蘇えさせられるものでした。

5月12日(金) 横浜市役所へ「障害者自立支援法」のもとで、低所得者対策などについて聞き取り。代々木病院で、介護保険制度と診療報酬「改定」の影響について聞き取り。

5月11日(木) 都立駒込病院と臨床研究所の視察。

5月10日(水) 田端のJR東日本本社と交渉。東急池上線とJR山手線の連絡通路の階段のバリアフリー化問題で、4回目の交渉です。福井亮二さん外、池上線利用者の会のみなさんと一緒に行ってきました。結論として、「今年度中に基本設計・19年には実施設計・工期に2年はかかるので、平成21年までには完成したい」との旨を明らかにしました。イメージは現在の階段(写真)と平行して、上り・下りのエスカレーター(2人用にしたい)とエレベーターをとりつけるというものです。1日も早く実現してほしいと、みんなで強く要請してきました。

Gotanda1

障害者自立支援法について、今後の課題などについて福祉局からの聞き取り。

5月9日(火) 大田区中小企業創業支援センター(旧旭小)を訪問。「感性スペクトル解析システム」の販路について伺う。簡易脳波測定によって、認知症の早期発見ができる。そのための帽子型の脳波測定器の開発をしたが、どうしたら販路が開けるかの相談を受ける。 

5月6日(土) 映画「ぼくを葬る」の鑑賞。

5月3日(水) 憲法記念日にあたり、蒲田駅頭で日本共産党の宣伝を行いました。その後、日比谷公会堂での「憲法集会」にかけつけましたが、すでに会場は満杯、外のオーロラビジョンで観ました。印象的だったのは、コスタリカから参加した1人の青年が、イラク戦争のときコスタリカも派兵しようとしたのですが、それは「コスタリカ憲法」に反するとして裁判を起こし、勝利判決を勝ち取り、コスタリカはイラクに派兵しなかったというのです。なんとすばらしいこと。日本の憲法9条が、まさにその役割を果たしている。世界平和にとっても、かけがえのない憲法9条をまもろうと決意を固めあった集会でした。(写真)

Kenpo1

5月1日(月) メーデー集会に参加。私は新宿コースの解散付近で、激励のあいさつをしていました。今年のメーデーは、それこそさつき晴れに恵まれ、暑~い1日でした。    新宿コースは一番長いコースです。この日、東京の気温は29度を越え、群馬県では32度ですって。みなさん、お疲れさまでした。(写真)

Dsc_0341

| | コメント (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年6月 »