« 2006年10月 | トップページ | 2007年1月 »

かよこの活動日誌(10月4日から12月15日)

1215日(金) 4回本会議最終日。今日もマスコミの取材多数あり。まだまだ知事の「都政私物化・豪華海外視察」問題は尾を引きそうです。来年の政治決戦に向けて、私たちは、税金の使い方を根本からきりかえる都民本位の都政実現に向けて、全力を尽くします。来年もまた、よろしくおねがいします。

1212日(火) 認定こども園基準を定める条例案について、文教委員会との合同審査を行いました。幼児教育法に基づく幼稚園と、児童福祉法に基づく保育園が合体して、認定こども園として認めるというものですが、直接契約・自由料金制度であり、児童福祉法や保育園制度を根底から取り崩す制度であることはあきらかです。いまでさえ、経済的支援を求めている保護者のねがいとは逆行するこのような制度には反対しました。(写真)

1211日(月) 厚生委員会。私は、松沢病院―「精神医療センター構想」について、質疑をしました。明らかになったことは、04年度に「OFI導入可能性調査」をおこなっていること、この3年間に15千万円もついやしていること。にもかかわらず、結果の報告をしないという密室ぶりです。公立病院であるなら、常にオープンであるべきではないでしょうか。都立の精神科病院という特異分野で、収益性を重視するPFIはそぐわないと批判しました。また、障害者扶養年金制度の廃止についても質しました。基金が底をつくからやめるとは無責任。すくなくとも、国制度への移行や、懸案の課題が解決してからおこなうべきとして廃止に反対しました。(写真)

Photo_11 

129日(土) 黒沼義光区議とともに、区政・都政報告会―南蒲田地域。冷たい雨の中、40名近くの参加があり、対話がはずみました。(写真)

Photo_10   

128日(金) 昨日に続き、一般質問にたった清水議員は、知事の7年半の間に行った海外視察で24千万円も使った浪費旅行の実態を質しました。その一方で福祉を削り、盲導犬のえさ代も、盲ろう者の手話通訳派遣事業まで廃止してしまう冷たさです。「都民の税金感覚」に欠ける姿勢を追及しましたが、これも全く責任逃れに終始する態度です。

※昨日に引き続くこれらの問題に、マスコミが予想以上の反応を示し、新聞、テレビ、週刊誌などでもとりあげるようになりました。

127日(木) 本会議、代表質問。日本共産党は吉田幹事長がたち、20分の大方を費やし、「知事による都政の私物化」問題をとりあげました。東京ワンダーサイト関連で、四男を公費でかかわらせてきた問題、またダボスでの「東京ナイト」という知事主催のパーティーのため、四男を公費で海外に2度もおくりだしていたり、そのパーティーに1700万円も公費を使っていた事実を知事に質しました。しかし、知事は「法に触れることは、していない」「事務方のやったこと」とのべ、開き直る姿勢です。こういうことが許されるでしょうか。公職の長たるものの姿勢が問われる問題です。再質問に対し、知事はまともに答えなかったので、一時紛糾しました。

124日(月) 前進座「赤ひげ」観劇―アプリコにて。満員御礼の盛況でした。

122日(土) 日朝協会50周年祝賀会に参加、あいさつ。

121日(金) 4回定例議会、知事の所信表明。

1130日(木) 夕、蒲田駅西口にて街頭演説会。笠井あきら衆議院議員の国会報告とともに、私は石原知事の豪華海外視察を中心に都政報告をおこないました。

1129日(水) 衛生局支部定期大会にて激励のあいさつ。

1127日(月) 4回定例会前の厚生委員会。請願・陳情の審査と「認定こども園の条例」「障害者扶養年金制度の廃止条例」、都立松沢病院の改築にあたっての報告がありました。

1126日(日) 大田民商婦人部総会にてあいさつ。黒沼区議とともに区政・都政報告会―東六郷。

1125日(土) 黒沼よしみつ区議とともに、区政・都政報告会―南六郷地域。50名もの参加があり、地域の問題、自立支援法施行で負担増を何とかしてほしいという声、負担の重い介護保険、医療の窓口負担増など切実な発言が相次ぎました。

1124日(金)藤原幸雄区議とともに区政・都政報告会-羽田地域。地域の問題では、糀谷駅前開発の問題などがだされました。

1121日(火) 4回定例議会に望むにあたっての各団体との懇談。

1118日(土) 新婦人(大田)まつり。夕、藤原区議と区政・都政を語る会に参加。知事の無駄使い問題でマスコミ各紙が取り上げ、連続的に広がりを感じます。

1115日(水) 公営企業決算委員会(全局)松村都議がバッターでおこないました。本日、石原知事の豪華海外視察問題で記者会見決行。マスコミの反応は予想以上。本日夕刻から、テレビ・新聞報道はじまる。

1114日(火) 厚生委員会(福祉局事務事業質疑)。私は、①重症心身障害児通所施設の看護師拡充②医師・看護師対策③認定こども園④都立豊島病院の整備計画についてなどをとりあげ、質問しました。

111011日 都議団の予算分析合宿。

119日(木) 厚生委員会(病院経営本部事務事業質疑)。私は、都立病院・公社病院での医師看護師不足問題と助産師外来の実現について、看護師の初期研修の充実、患者サービス向上における栄養管理チームの設置や虐待防止のための院内会議の設置などを提案しました。

1167日 高知医療センターの視察。吉田都議・中井事務局次長と3人で行ってきました。PFI導入で1年半の実態は如何に。ホテルのようなたてもの施設整備は立派です。しかし、維持管理経費はちょっと大変そうでした。いろいろ、問題点も見えてきました。(写真)

Photo_8 

11月3・4・5日 4年ぶりの赤旗まつり。

天気にもめぐまれ、たくさんの人々とのであいに感動の連続でした。(写真)

07

112日(木) 新婦人東京都支部のみなさんの「子供医療費の無料化・所得制限なし」の交渉に同席。(写真)

Photo_7

参加者からは相次いで「所得制限があるために、児童手当もなし。医療費も3割負担。これでは、2人・3人目のこどもは生めない」と訴えられました。都は来年度の局要求で「小学生から中学生までの医療費助成」制度を創設するとのことですが、内容は1割の軽減。所得制限ありです。更なる拡充をと求めました。

111日(水) 日赤医療センターの視察。産科医師不足の中、助産師外来に取り組んでいる、広尾の日赤医療センターを訪ねました。助産師さんの本来業務を、もっともっと活用すべきだと改めておもいました。

1029日(日) 菅谷郁恵区議の区政・都政報告会に参加。

1027日(土) 黒沼区議とかち都議と語る女性のつどい。

70名の女性のみなさんと、くらしや介護、障害者自立支援法の問題などについて語りました。

1022日(日) 大田市場まつり・健康まつりに参加。

1021日(土) 大田労連大会あいさつ。午後、私学第7支部大会が田園調布高等部・中東部学校で行われ、参加あいさつ。

1020日(金) 予算各局要求原案の発表がありました。

 

1016日(月) 今日から公営企業決算特別委員会がはじまりました。日本共産党は松村・植木・かちがメンバーです。

1015日(日) 大田区の障害者のつどいが、大田体育館でもようされ参加しました。午後から希望が丘商店街の「きてとく祭り」で、事務所としてもバザーで出店。皆さんの協力で結構売れました。

1014日(土) 教育基本法改悪反対大集会が明治公園で開催され、私も参加しました。27千人の参加で大成功をおさめました。いま、教育現場に起きている問題は、教育基本法をないがしろにした教育をおこなっているからです。なんとしても、守り抜きましょう。

1013日(土) 田園調布養護学校の開校式に参列。4月に高等部1年生で入学したこどもたちが、半年ですごく成長している姿に感動しました。

1012日(木) みどり愛育園の保護者会のみなさんと予算要望の懇談。重症重度心身障害児(者)を抱えたお母さんたちとの懇談は、毎年胸が痛くなる思いです。こんなに大変な介護を強いられていながら、でも、明るくたくましくがんばっている。通所訓練で通う施設の看護師が足りない。命に直結する問題と伺い、委員会に提案しようとおもいました。

109日(月、祭日) ひまわり会主催の三浦半島横断ハイキングに参加。初秋の風が心地よく、久しぶりのハイキングで心身ともにリフレッシュ。でも、いささかつかれました。(写真)

Photo_6 

107日(土) 久が原福祉園の「きらら祭」に参加。園生がつくった、クッキーや石鹸、紙すきはがきなどを買い込み、楽しいひとときをすごしました。みんながんばっている。あるお母さんから「障害者扶養年金の廃止。なんとか続けてください。ここの園生は大抵、20年の掛け金をかけ終わった人たちです。なのに、いまの受給者と差がつくのはおかしい」と厳しく訴えられました。それはそうだと納得。

106日(金) 雨。全国労働者後援会のみなさんと、朝渋谷駅前で宣伝。田村智子さんも一緒に訴えました。田村さんのワーキングプア問題の話には、立ち止まり聞き入っていく人もみられました。夕、「男女平等推進行動計画」中間のまとめ案について、懇談会を都庁内でおこないました。台風のような悪天候のなか40名近い方々が参加し、現場で起きているバックラッシュの問題や、前回よりも後退している内容について、意見交換しました。日本共産党はこの審議会メンバーになっていないため、みなさんの意見を、なんらかのかたちで反映させていこうと確認しあいました。

105日(木) 第3回定例議会、最終本会議。オリンピックをテコに一層の高速道路づくり、再開発促進で、8兆円規模の投資的経費を費やそうとする知事の姿勢とオール与党の大合唱のなか、幕をとじました。わが党は、知事の東京ワンダーサイトでの都政私物化問題のさわりを提起しましたが、第4回定例議会で、さらに深く追求していきます。

104日(水) 東京民医連の対都交渉に同席。健診問題、介護保険、看護師不足の問題など現場からの切実な訴えがあるも、なかなか行政に分かって貰えないもどかしさをかみしめる。

| | コメント (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2007年1月 »