« 2008年4月 | トップページ | 2008年7月 »

かよこの

5月13~14日 茨城県の五浦温泉まで1泊旅行。台風接近と寒波でとても寒く、温泉のぬくもりが心身にしみわたりました。

5月11日(日) 長野西高の同協会の準備で、リーブラまで。6月1日の総会まで、あと20日。わが学年が当番年といわれていますが、どうなることか。

5月8日(木) 市長選の応援で狛江市に。改めて、矢野市長の3期12年間の実績を確認しました。「住民が主人公」の市政が、みごとに、息づいていました。

5_3

5月7日(水) 午前、佐藤区議・菅谷区議とともに「京浜急行の平和島駅構内にトイレとEVの設置を早急に求める」よう、大田区に申し入れをおこないました。午後一時から、「平和行進」に参加するため、鹿島公園から出発しました。 (写真)

5月4日(日) 幕張メッセで模様された「9条世界会議」に参加しました。駅から、会場まで長だの列。12000人の会場は、満杯となり、場外に3000人という0805059大盛況ぶりに、目を見張りました。海外からも150人の参加があったとのこと。このパワーはどこから湧いて来るのか。参加者も老若男女多彩ですが、特に20代~30代の若者が目立ったのみも、はげまされましたね。スピーチに立つ海外のゲストが、交々に「9条」について熱く語り、「9条を世界に広げていくことが、世界から戦争をなくす道」だということを、訴えられたことに、熱いものを感じました。午後からはじまった会議は延々と多彩に夜遅くまで続きました。 (写真)

5月3日(土) 憲法記念日。蒲田駅東口で、中山六男大田労連議長と080505ともに「憲法記念日」の宣伝を、行いました。「共産党がんばれ」などの激励を、受けました。(写真) 先日、名古屋地裁において「イラク戦争での航空自衛隊派遣は違憲」との判決が示されたことは、大きな励みとなりました。今日の朝日新聞世論調査でも、「9条は変えない方がいい」が66%を占め、このところ、「改憲」よりも「非改憲」のほうが、上回るという状況もうまれている。この4年間、全国で7000を超える「9条の会」が世論を動かしてきた証ではないだろうか。「日本国憲法」と「9条」の持つ意義をもっともっと、広げ、国民の過半数をしめなければならないと実感しています。

5月2日(金) 午後から、団会議

5月1日(木) メーデー(写真)79  五月晴れのもと、今年の中央メーデーは代々木公園で4万2千人の参加で、成功をおさめました。私は、党中央本部の前で、笠井あきら衆議員らとともに、新宿コースのパレードのみなさんに、激励と連帯のあいさつを、送りました。今年のアピールはなんといっても「後期高齢者医療制度の廃止」を求めるものが、ダントツでしたが「派遣労働」の劣悪さ、「残業代の要求」など、働く職場のルールの確立を求めるものが目立ちました。隊列の中に、若者や幼児を連れて参加している人々がいて、励まされました。

| | コメント (0)

かよこの活動日誌(08年4月~)

430日(火) 今日、50代最後の誕生日を迎えました。これまで、病気や怪我もなく生きてこられたことに、感謝しつつ、社会と歴史の進歩にために、新たな決意でがんばります。

428日(月) 団福祉チーム会議

427日(日) 障都連(障害者と家族の生活と権利を守る連絡会)の定期大会に参加、あいさつ。その後、石川町の沢田英次(3区予定候補)を囲む「なんでもトーク」に駆けつけました。午後から、大森南地域へ。

426日(土) 夕、大田革新懇談会主催の集会に参加。笠井あきら衆議院議員から国会情勢の講演を聞きました。国会議員の中で、憲法問題でも、後期高齢者医療についても、緻密な調査と資料にもとづいた論戦による、日本共産党の存在感の大きさを確信しました。

425日(金) 東京民医連定期大会に参加、午後から、大森東地域で活動。

424日(木) 午後、大森西・北地域のみなさん、菅谷区議・佐藤区議らとともに、「京浜急行電鉄本社」へ、「平和島駅構内に、トイレとエレベーターの設置を急いで」の要請にいきました。要請は長年にわたり、今回で4回目ですが、担当課長は、オウム返しのように「平成22年までには、設置します」というばかり。誠意も、人間性も感じられない回答です。このままだまって、待ってはいられません。あらゆる可能性を追求していこうと、参加者で、決意を固めあいました。

422日(火) 午後、大岡山駅前にて福井りょうじさん、後援会のみなさんと宣伝。「後期高齢者医療」の廃止署名のお願いに、多くの方が賛同してくれました。「共産党がんばれ」の声援・カンパもいただきました。19時から、「不況打開実行委員会」主催の、交流会に参加。当会では、今年1月に発表した大田区の「中小企業」の実態調査結果の分析と提言を報告し、参加者から、活発な意見交流がありました。改めて、大田区のものづくり産業が大田区・東京の経済の基盤を支えている屋台骨であること。それも、多くは3~4人の零細業者によって、ささえられている。にもかかわらず、下請け取引の不公平や原油・原材料の高騰、後継者育成・確保で、危機的状況に追い込まれています。緊急対策が必要だということを、確認しあいました。

4月21日(月) 午後から、団福祉チーム会議。夜、仲六郷ゆうゆうクラブにて、金子区議とともに、「区政・都政報告会」

420日(日) 早朝、久しぶりに「本門寺朝市」へ。池上連合商店会のみなさんが、毎月第3日曜日の朝、本門寺の山門境内で行っているこの市も、着実に定着してきています。午後、大森西プライムハイツの集会室で、「語る会」に菅谷区議とともに、参加。その後、上池台区民センターで「後期高齢者医療制度」の学習会に駆けつけました。中身をしれば知るほど、そのひどさがわかり「これは廃止しかない」の声が広がります。

419日(土) 都立蒲田高校の創立30周年式典に参加。我が家の次男も11年前に本校を卒業しています。当時は普通高校でしたが、昨年から、エンカレッジスクールになったとか。最近、いろんな、名前をつけて、都立高校の再編整備が進められていますが、普通高校そのものが減少していくことに、危惧を感じています。

 夕方、矢口地域のみなさん、和田区議とともに、マルエツ前で、後期高齢者医療制度についての、宣伝とシール投票を行いました。(写真)

 19時から大森西区民センターで「なんでもトーク」集会に、菅谷区議とともに、参加。後期高齢者、石原銀行への400億円出資「とんでもない」と、次々に発言あり、活発な交流ができました。

418日(金)1日雨 17時から、全都女性後援会の宣伝の予定でしたが、雨で、中止。19時から、大森南地域の区政・都政報告会に清水区議とともに、参加。なんといっても、後期高齢者医療制度に集中します。参加者のみなさんの「怒り」の表情・声がほんとに、よくわかります。

| | コメント (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年7月 »