« 2008年8月 | トップページ | 2009年1月 »

かよこの活動日誌(9月~)

930日(火) 定例会中の厚生委員会 重要議案のひとつは都立老人医療センターと老人総合研究所を統合して、地方独立行政法人化(非公務員型)することと、都立豊島病院を公社化する問題です。独法化については吉田都議が、公社化については私が質疑をおこないました。どちらも、経過も検討内容も明らかにされないまま、「結論」だけを押し付ける、ひどいやり方だということは浮き彫りになりました。

 報告で「品川景徳学園」と「むさしが丘学園」の児童養護施設を民間委譲することが明らかになりました。私は質疑をいたしました。

08

929日(月)かねてから、調査をしてきた小田急の子会社による認証保育所「ムック成城園」の不正申告をめぐる総決算の日です。

9時―ムックの本社(新百合ヶ丘)に、責任者を訪ねました。会社は開いていましたが、9時半出勤だというので、そのまま、待たしてもらいました。

9時半―別室のテーブルにつきました。こちら3人、相手は2人。わたしたちは、この間、「ムック成城園」での職員届けにおいて、実際はいない人を、申請していた事実について質しました。「当初は混乱もあって、本社から、U氏を送り込んだ。しばらくそこにはりつかせた」とのべましたが、実際はほとんど現地にはいなかったのです。私たちは、開設から半年間にわたって、本来8人の常勤保育士がいなければならないところ、有資格者は2人のみ、あとは無資格者を含め、パートで繋いでいた事実をつかんでいました。ここでは、2700万余円の公的資金が不正に需給されていたことになるのです。

Photo   午後1時半―福祉保健局総務部長に、この件について、厳正な調査と対処を要請しました。総務部長は「この件については、すでに調査中」とのべました。しかし、何をきっかけに調査をはじめたのかは不明です。

 午後2時―記者会見をおこないました。 

午後2時半―元職員の貴重な証言をえるため、共同会見をおこないました。これらの状況はしんぶん・テレビ各社が夕方から報道しました。

 保育に営利企業の参入を認め、認可保育所よりも低い基準さえも、くぐりぬけ、儲けに走る企業を生み出してきた東京都の責任は重大です。改めて、認証保育制度のあり方と、監査・指導のありかたをみなおすべきです。

 午後8時―「小田急ライフアソシエ」が記者会見し、「ムック成城園」での不正の一部をみとめ、「誠意をもって、処分をうける」と発言していました。

928日(日)大田母親大会にてあいさつ。区労協大田支部の定期大会に参加。

927日(土)矢口都営住宅前の広場で渋谷要衆議員予定候補とともに、「あおぞら演説会」をおこないました。文字通り、すがすがしい秋晴れのもと、50数名の方々がわざわざ足を運んでくださり、私たちの話をきいてくれました。

 1年も経たない間に2度までも首相が政権を投げ出すとは、自公政治の路線の行き詰まりを顕にしたものです。破たんした「構造改革」を根本から切り替える政治こそ、国民の願いであり、ここにこたえられるのは、日本共産党だということを、ますます確信を深めています。

926日(金)一般質問 河野ゆりえ議員がたちました。子育て支援、特に妊娠から出産育児過程における支援策の強化をとりあげましたが、育児支援ヘルパーについては「母子が安定した生活をはじめるために重要」との答弁がありました。幼稚園保護者負担軽減や「子育てスタート支援事業」については総合的に、検討・検証していくとの答弁で、展望を開きました。

925日(木)本会議 代表質問 わが党は村松みえ子議員がたちました。子ども医療費中学3年まで無料化をという質問に対し「10月早々に、具体案をまとめる」との答弁があり、一歩前進です。しかし、その中味はまだ微妙です。

 新銀行東京についての口利きにたいしては「厳正な審査をおこなっている」との答弁で、ならば、なぜ460億円もの損失がでたのかとの再質問に知事は答弁不能となりました。

Photo_4

923日(火)しんぶん赤旗主催の囲碁将棋大田地区大会 私が主催者あいさつをしました。ここも、大盛況で、碁盤がたりなくなるほどでした。小学生から80歳代まで、老若男女幅広い参加で、秋の頭脳スポーツを楽しみました。

午後、本門寺参道にて、「消費税なく会」のみなさんと、宣伝行動。

Photo_8

921日(日)知的障害者通所施設「まごめ幸陽祭」に参加。地域の町会をはじめボランティアの方々の支援で、いつも大変な賑わいのお祭りです。利用者のみなさんのオープニングのソーラン節も板についてきました。

 午後、矢口後援会の「敬老会」に参加。ここでも、元気な高齢者のみなさん、会場いっぱいの参加で、意気軒昂でした。

920日(土)新宿東口にて、党街頭演説。志位委員長の話で、特に日雇い派遣や非正規雇用の青年労働者がモノ扱いされているキャノンやトヨタの実態については、足を止める若者たちが大勢いました。

9月19日(金)人間ドック受診。本日のところは問題なしでした。

918日(木)3回定例議会開会 今回、この時期としては10年ぶりの補正予算1000億近い補正予算が提案されます。しかし、都の財政力と今の都民の生活苦の実態からすれば、額も少なく、またその中味も、58%は新銀行の減債のための基金積み立てであり、都民施策はわずか、400億円足らずとなっています。政治姿勢が根本から問われるものです。

Photo_10

917日(水)今議会に民間委譲が報告される予定の「都立品川景徳学園」を視察しました。住宅街に溶け込むようなマンション風のたてものに、48名の社会的養護を必要とするこどもたちが共同生活をしていました。最近、こうしたこどもたちの7割が被虐待経験があり、対応も専門的、医療的高度なスキルが必要になっていると、聞きました。民間施設もふえてきていますが、こうしたニーズに応えられる都立施設は全体の20%をしめるにすぎません。なんでも民間へというのではなく、都立としての役割をはたすべきと強くおもいました。

913日(土)~14日(日)恒例の「月夜のコンサート」バスツアーに参加。久しぶりに命の洗濯をしてきました。長野県栄村でのこのコンサートも来年は20周年を迎えます。なんとしても、来年また来て、みんなを激励したいと強くおもいました。事務局長の鶴岡さん、またお骨折りよろしくおねがいします。

911日(金)「東京民報」週刊発行記念レセプションに参加。

98日~11 引き続き各種団体との懇談

97日(日)新婦人内後援会主催の「不破さんの綱領学習会」に参加。日本の少子化対策がいかに、小手先だけで、政府が本腰をいれていないか、OECD諸国にくらべても明らかだということが明解でした。

96日(土)都議団と都委員会共催で「介護保険制度」についての学習会をおこないました。党中央政策委員会の榛田さんの詳細な資料と講義で、介護保険をめぐる国の動き、地方議会や運動で前進を切り開いた例など目からウロコでした。

92日(火)~5日(金)毎日5~6団体の方々と懇談。障害者、福祉関係団体の方々から、切実な訴えが寄せられました。東京都の豊かな財源や、29千億円の基金をほんの少し、切り崩すだけで、十分その願いにこたえることができることを伝え、希望をもって、実現にむけて力をあわせようと激励しました。

91日(月)セカンドオピニオンで、都立駒込病院を受診しました。いま、改築中ということもありますが、がんセンターというには、少々時代遅れの感はいなめません。しかし、問題は医療の中味です。そこでの信頼が得られるかどうかにかかっています。駒込病院は来年4月からPFIによる運営形態が始まる予定です……。

830日(土)土砂降りの雨の中、サンタフェガーデンヒルズまつり(善光会)に参加しました。特養と障害者の方々が入居している民間の施設です。施設の中も案内していただきましたが、設備はとても快適そうでした。

829日(金)大田区私立幼稚園連合会の方々との懇談。区議団とともに、お聞きしました。会長のあいさつで「共産党とは立場を異にするところもありますが、一貫して筋を通すところがいい」と評価していただきました。来年からは、公立幼稚園がゼロになり、私立幼稚園のみになります。「経済的理由で、入園できない親御さんがでることのないように、対応してほしい」と強い要望がだされました。

826日(火)今日から、各団体との予算懇談がはじまります。皮切りは今NHKの朝ドラの設定となっている「養育家庭」の方々でした。会長の開口一番「あんなきれいごとではすみません」でした。実際、今日、親の経済環境や不安定雇用・将来不安などのもとで、社会的養護を必要とするこどもたちの受けている影響はとても複雑で、重いものがあり、対応も高度なスキルや関係者の連携がもとめられています。他人のこどもを養育しようとする心ある方々の抱えている問題解決に行政が正面から受け止め、対応しなければこの制度の発展はないだろうとおもいました。

825日(月)原油高騰問題で、東京バス協会を訪問し、現況を聞いてきました。対応した専務理事長さんは「厳しい状況だ。しかし、東京が潰れるときは、地方はすでに潰れている」とのべ、なんとか、やりくりして凌いでいる。しかし、これ以上は限界だと率直に答えてくれました。

823日(土)特養ホーム池上の、夏祭りに参加。まもなく100歳を迎えるⅠさんの元気な笑顔と出会うことができました。雨が、ぽつぽつ降り出して、夕方からの希望が丘商店街の盆おどりは、大変でしたが、商店街のみなさんは「雨にもめげず」出店で、元気な声をはりあげていました。心から「おつかれさPhotoま」です。

815日(金)今日は終戦記念日 恒例の蒲田駅頭宣伝を行いました。カンカン照りの暑い日でしたが、行き交う人々のなかには「頑張れよー」と声援を送ってくれる人もいて、元気がでました。

 その後、大田区議会と区が共催の「平和コンサート」の鑑賞をしました。

810日(日)がん患者家族の会の諸団体共催で「医療セミナー」が、ウイメンズプラザで開催され、参加しました。東京は「女性がんワースト5」であり、どうしたら、この汚名を挽回できるかが課題です。特に、乳がん・子宮がん・卵巣がんなどについて、専門医から、最新の医療情報を学ぶことができ、また、それぞれの闘病者の代表の方々からの問題提起や取り組みの紹介などがあり、大変参考になりました。

Photo_7 88日(金)今日から、北京オリンピックがはじまりました。

豪華絢爛の開会式には圧倒されました。しかし、ちょっとやりすぎでは……の感。

 この4年間、今日をめざして、血のにじむような努力をかさねてきた選手団のみなさんの持てる力を100%発揮されることを、願わずにはいられません。

 今日は、都議団として、石原知事の靖国神社参拝を中止するよう申し入れをおこないました。(p)

 

 

 

|

« 2008年8月 | トップページ | 2009年1月 »