« 2009年6月 | トップページ | 2009年9月 »

かよこの活動日誌(~09年7月)

かち佳代子の活動日誌(7月~)

726日(日)

 東友会による原水爆犠牲者追悼の会に参列。日本共産党は笠井あきら衆議院議員があいさつをおこないました。東京の被爆者はかつて12000人を越えていましたが、いまや7千数百名まで、減っています。平均年齢も74歳となりました。唯一の被爆国として、あの悲惨な出来事を決して風化してはならない。世界から核兵器廃絶を実現するまで。

 21世紀の今日、世界は大きく変化がうまれつつあります。オバマ大統領のあの演説。17人のノーベル賞受賞者の宣言。東南アジアを中心とした友好条約の広がりなど、希望をもって、歴史を前にすすめていきましょう。

723日(木)

懸案となっていた産労局の担当課長が、大田のものづくりの現場を視察にこられました。

いまや、仕事が全くなく、バタバタと閉鎖に追い込まれている工場の現場をみてほしいと、申し入れをおこなってきたところです。本日は午前中3件の工場を見ていただきました。

いま、直接支援を行わなければ、大田の製造業は、さらに半減してしまうことはさけられません。国・都・大田区の行政の機敏な対応がほんとにもとめられているところです。

722日(水)

党大田区議団と蒲田医師会役員の先生方との予算懇談が行われ、同席しました。医師会長が「医療・福祉に関しては、特に貴党は熱心だから、お願いしたい……」と切り出された言葉が印象的でした。

721日(火)

国会が解散されました。818日公示。830日投票で衆議員選挙が行われます。待ちに待った解散総選挙です。歴史的に政治の大転換を実現できるチャンスです。

3時には、新宿西口で志位委員長の街宣。530分からは、蒲田東口で、笠井あきら衆議員議員を迎えて、街宣を行いました。

日本共産党は、たとえ政権が変わっても「行動する是々非々」「建設的野党」の立場をとります。国民にとって、よいことには、多いに賛成推進します。しかし、「消費税増税」や「憲法改悪」には、断固反対、国民の防波堤となって戦います。

719日(日

大田釣和会のはぜ釣大会に参加。大田市場の斜向かいにある埠頭公園で、焼きそばを食べながら、釣り上げた数を競いあいました。

716日(木

知的障害者関係団体の主催で、関東ブロック大会・東京大会が京王ホテルで行われました。事前に国会議員に案内がだされていたようですが、急きょ出られなくなったということで、私にまわってきました。「障害者自立支援法」に対し、各党の政策方針を聞くというものでした。なんとか30分の時間をつかって、党の政策をお話しました。

 休憩時間に「共産党のいっていることは、われわれと同じではないか。安心した」などと、声をかけてくださる方もいて、ほっとしました。

090712kaihyou3 712日(日)

都議選投票・開票日。

結果、日本共産党は8議席にとどまりました。でも、大田での現有議席はまもりぬくことができました。2議席目復活をめざした黒沼さんは、残念ながら、惜敗しました。ほんとうに、みなさまお疲れさまでした。ありがとうございました。

18期の新しい都議会は大きく様変りしますが、どんなときにも、都民の立場で、都民の願いが生きる都政をめざして、がんばります。これからも、よろしくお願いします。

090711 711日(土)

今日で、選挙期間中の遊説行動も最後となりました。やっぱり打ち上げは、矢口都営の前。

急な連絡でしたが、パジャマ姿で、出てきていただき、最後の訴えを思う存分語り上げました。9日間、途中声も潰れかけましたが、みなさんから、プロポリス飴やら、生姜ジュースやら、差し入れを頂き、なんとか、訴えぬくことができました。ほんとうに、ありがとうございました。

0907101 710日(金)

今日最後の訴えは、大森東1丁目団地の中央公園前。小池あきら参議院議員も駆けつけてくれました。

暗闇の中、旧職場の大田病院のナースフアンクラブのメンバーが、メガホン隊で、ウオーキングしながら、集結。壮観でした。8時までの時間が刻々とせまるなか、小池議員が5分前に到着。簡潔明瞭にまとめてセーフでした。ここでも、ひとしきり盛り上がりました。

090708 79日(木)

選挙戦も後半戦。候補者カーに対する反応が高まってきていることが、実感されます。市田書記局長が応援にかけつけました。武蔵新田駅近くのスーパーの前にて。あいにくの雨の中、たくさんの方々が足を止め、聞いてくれました。

090707yukisyo2 77日(火)

地元中の地元・雪谷小学校で「個人演説会」がありました。小池あきら参議院議員が応援にかけつけてくれました。

体育館で構えたものの、ほんとうに、ぱらぱらだったらどうしようと不安をかかえて、候補者カーから、おりたちました。

参加者は160名を超え、感激の涙がぽろり。小池議員のお話は、面白い中にも、核心をつき、参加者に勇気と確信をあたえてくれました。

090702ikegamigaitou 75日(日)

志位委員長来る。大森駅西口街頭演説

人垣で埋め尽くされ、1000人の聴衆が足を止め、聞いてくれました。演説を終え、握手をもとめていくと、握手・握手・握手の激励。力強い握手・震えるような手で握り返し、「お願いしますよ」と祈るような目で見つめ返す高齢の方々。

 なんとしても、この期待に応えなければと、「必勝」を決意するのでした。

7月3日(金)都議選告示日

1声は、10時から、池上通りのダイシン前。笠井あきら衆議議院議員が応援に駆けつけてくれました。まずまずのスタートを切りました。候補者カーは、1日中区域内を走りまわりました。しかし、街の反応がいまいち……。厳しい選挙戦を予感させるものでした。

| | コメント (0)

Img_4388a_3 630日(火)

 6月も今日で終わり、いよいよ、決戦のとき来る。73日から都議選がはじまりますので、この日誌もしばらく、お休みします。

 私の訴えを盛り込んだ動画は、【ザ・選挙】http://www.senkyo.janjan.jp/に掲載されています。ぜひともご覧ください。

 笑顔で再会できることを、ねがっています。

| | コメント (0)

かよこの活動日誌(~09年6月)

628日(日)

 今日も雨の中、蒲田西口で、青年会議所大田支部主催の「公開討論」を行いました。

 テーマは、①都の財政問題、②オリンピックについて、③医療問題、④新銀行東京についてと、石原知事の評価点についてでした。出演者が13名と多かったので、2時間という時間が、あっという間に終了。ちなみに、石原知事の評価点は、かち・黒沼は落第点。自民・公明は80点以上。民主は3人が20点・1人が70点でした。

626日(金

 「75歳以上の医療費無料化」を求める要請署名を12000人分を東京都に届けました。

 都の担当部長が「切実な声があることは、承知している。持ち帰って、検討させてほしい」と答えました。これは、重要なことです。さらに、運動を大きく広げていきましょう。090621sii

621日(日)

 矢口消防団の操法大会は、激しい雨に中で、実施されました。消防団のみなさま、本当におつかれさまでした。

 午後2時 池上スーパーオオゼキ前に、志位和夫委員長が来て、街頭演説。雨にもかかわらず、1200人もの聴衆で、歩道がうめつくされました。ほんとに、都政を変えたいみんなの熱い気持ちがつたわり、私の闘志も燃え上がりました。

090621 620日(土)

 今日は女性カーで宣伝行動。はなやかに、元気よく、街にさわやかな風をまきおこしました。

 午後、蒲田民商の総会に参加。吉井英勝衆議員があいさつしました。吉井さんの質問で、国から担当役人が7人も大田のものつくりの実態を調査にきたことは大きな、前進です。早く、具体策をだしてほしいものです。

 武蔵新田商店街の練り歩き宣伝に参加。商店街はほんとに厳しい実態ですが、どこでも、快く、あいさつを交わしてくれました。090620

614日(日

 大森消防団操法大会に顔をだし、その後、池上地域の「都政を語るつどい」、上池上地域での「つどい」、池上商店街での練り歩き宣伝に参加。夜は、激しい雨に中、大森西地域の決起集会にかけつけました。からだが2つほしい~。

090614 611日(水)

 都産業労働局中小企業振興課長らと交渉。区議団・不況打開実委・民商のみなさんと20名で、直接話し合いをしました。かつてない金融不況のもとで、ものづくりの業者09061109h_2885さんは、死活の危機にさらされている。日本の宝であるこのものづくりをつぶさないためにも、直接支援が必要だ。まず、実態をつぶさにつかんでほしいと口々に訴えました。

課長は「直接支援は考えていない」といいつつも、「実態調査をまもなく、行う予定だ。現場にいってみてみたい」とも、答えました。

69日(火)

 青年会議所主催のDVD録画(動画記録)→「e・選挙」をクリック。

61日~65

 今期最後の定例議会が終了しました。

| | コメント (0)

| | コメント (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年9月 »