« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

9月20日(木)きょうは、インタ―ネットニコニコ動画の企画「まるごと日本共産党紹介」5時間生放送がおこなわれました。その中に、都議団についての紹介も40分間あり、都議団の取り組んできた課題の紹介をそれぞれが紹介しました。私は、福島原発事故以来の放射能汚染について、拒む東京都にとうとう公開測定と除染をさせるまでの経過を紹介しました。

 全体としては、8万5千人の視聴があり、11万人からのコメントが寄せられ、共産党を知って頂くよい機会となりました。

9月19日(水)今日から第3回定例議会が始まります。日本共産党都議団は、都民の暮らしの実態に即して、都政の在り方を根本から質していきます。

9月16日(日)赤旗囲碁将棋大会が開かれ、実行委員長としてあいさつしました。

915日(土)朝、荏原交通労組久が原支部(全自交)の定期大会であいさつ

昼、鵜木3町会のおまつりの激励。午後、全都障害者団体連絡会後援会が、蒲田であり、宮本透比例候補・山本純平4区候補・香西かつ介3区候補とともに、決意表明をしました。

913日(木)環境・建設委員会

稲城の南山区画整理事業にともない、絶滅危惧種の「トウキョウサンショウウオ」の保存を求める陳情に趣旨採択の立場から、質問しました。

環境影響評価書には、事業者が、根方谷戸のサンショウウオを、移植保存をするために、工事前に移設場所に池を作り、地下水をくみ上げて湛水状態をつくると明記しているにもかかわらず、6年間もプラスチックの水槽で、飼育をしていることは、問題です。本開発事業も谷戸を埋め立てる計画ですが、東日本大震災で、土砂崩れのおおくは、谷戸の埋め立てに起因していたといわれます。危険な谷戸の埋め立ては、根本からみなおすべきです。

912日(水)都議団防災チームとして、不燃化促進10カ年プロジェクトの道路整備の対象になっている、北区の無量寺を訪ねました。そこは、築150年の歴史のあるお寺で、堂々とした佇まいの本堂と、庭園は2003000本の樹木に包まれた、静かなお寺でしたが、計画では、この本堂を突き抜けていくものです。すでにここは、延焼防止帯になっており、「近くに広い公道があるのに、平行して、なぜ現道の無い計画道路を整備する必要があるのか」と怒る住職の主張はよくわかりました。この計画が現状を踏まえたものでないということからも、計画の再検討が必要だと強く思いました。

910日(月)911日(火)連日、予算懇談。

97日(金)今日も、多くの団体と懇談。

よるは、大田区議団主催の「介護シンポ」にコ―ディネ―タ―として参加しました。143名の参加があり、資料も椅子も足りなくなるほどの盛況でした。南雲蒲田医師会会長や田村とも子参議員をはじめ、4人のシンポジストのお話も分かりやすく、フロアからも、活発な発言が相次ぎ、いまの介護保険の重要な問題点や在宅介護の困難の実態などが浮き彫りになりました。

96日(木)消費者団体をはじめ、5団体と予算懇談をさせていただきました。いずれも、切実な要望であり、一つでも多く、実現するために頑張りたいと、決意を新たにしました。

95日(水)外環工事予定の東名ジャンクション付近から、鉛が検出された問題で、都環境局として、外環建設事務所にどのような勧告をおこなってきたのか、再度確認する話し合いを持ちました。環境局としては、自主的なものではあるが、積極的に「要措置区域」の申請をして、厳格な調査を行った方がよい旨、話したとの確認をとりましたが、建設事務所は相変わらず「そういう話は聞いていない」などといっているので、再々度、建設事務所に勧告し、その結果を、返すことを約束してもらいました。

Photo

 午後、市場協議会があり、委員として出席。来年の市場開場日をどうするかを決める会議ですが、築地市場は、魚市場と生鮮野菜の合同なので、両者の利害をどう歩み寄るかの調整が大変困難な課題だということがわかりました。

94日(火)利島町議予定候補の対都要請に、同席。都立広尾病院へ、患者が入院した場合、家族の宿泊を、7日に限定せず、状況によって、延長してほしい旨の要請に、病院経営本部は「空いていればできるはず」病院に伝えておくとの回答を得ました。

 その後、首都高本社を訪問。老朽化した首都高の改修問題の解決策について、直接伺いました。回答は「技術的な検討はしているが、最終的に国の方針が決まれば、それに従う。大規模改修などの予算は、用意していない」とのことでした。国の検討会では、首都高の地下化などという構想も出ています。結局また、巨額の税金をつぎ込むことになるのでは・・・。

93日(月)和田区議とともに、都立田園調布特別支援学校を訪ね、校長先生らに、要請しました。この付近には、こどもたちが自由に遊べる広場がなく、商店街などの路上で、あそんでおり、危ない。との親御さんからの要望を受け、当学校の校庭を、許せる範囲で開放してもらえないかとの相談です。校長先生は、実情をよく把握されて、共感していただきました。後日、お返事を頂くことを約束してくれました。

92日(日)矢口消防団副団長の叙勲祝賀会が、品川プリンスHで盛大に行われました。

91日(土)池上会館において、JMIU大田支部の定期大会に出席。

830日(木)地域防災計画の修正案策定にあたってのわが党都議団の提言のもうし入れを行いました。基本的考え方は「自助・共助・・」ではなく「都民の生命・財産を守るための、予防対策」を第1義にかかげることなどです。

Photo_2

Photo_3

|

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »